こちらでアルバムの販売もおこなっています

YAMAHA HPH-MT8 購入!SONY MDR-CD900STと比べてみました

先日YAMAHAのモニターヘッドホン HPH-MT8 を購入しました。今まで使ってたのがSONY MDR-CD900STという、昔からスタジオで使われ続けていた鉄板ものなんですが、せっかくなので、簡単ですが音の比較(個人の好みが多分に含有されています)をしてみました。

なぜHPH-MT8 を購入したのか

そもそも、なぜ新しいのを購入したのか?ですが、以前にも書いたように、DTMセットを可能な限り簡略化したいという目標がありまして、今使っているモニタースピーカー(iLoud MTM)なしでもきちんと使えるヘッドフォンが欲しかったからなんです。

今使っているMDR-CD900STで何か不満があるのか?と言われると、現状のモニタースピーカー主体のやり方では大きな不満もないです。

でもこの先スピーカーのある環境でないときにも、気持ちよく違和感なく作業ができればいいなと思って探しました。

両者の比較です

比べてみて、まずはっきりしたのは「音の距離感」がかなり違うということでした。

MDR-CD900STは、1つ1つの音がきちんと耳に張り付いてくる感じです。いろんな周波数の確認がしやすい感じです。

しかしながら、ただ漫然と聴いてると、どれも同じような聴こえ方に感じてしまいます。「仕事の流儀」の超細かなところまでこだわる職人さんみたいな気がしました。

高音域の少し飛び出てるかな?って思ったところは「そこ!!うるさいっ!!」って学校の先生に怒られてるような感じです。もちろん素直に従っていけば、良いミックスになると思います。

HPH-MT8は割と距離感の感じられる音で、近い音・遠い音の判別がしやすい感じでした。そのため音が耳に張り付くような感じも少なく自然に聴こえ、漫然と聴いてるときも疲れにくい印象です。リスニング目的でもそれなりに満足できそうです。

距離感ということでは、スピーカーを使っているのに割と近い印象があります。

もちろん解像度はかなり高くて、音の定位とか表情なんかは、とてもはっきりしています。さすがはモニターヘッドホン!!

どちらが良い、という問題ではない

いろんな人の書き込みを見ていますと「MDR-CD900ST ひどい!!」というのが多かったのですが、「何を目的にしたいのか」とか「どんな環境での作業がメインなのか」で、どちらを選ぶのかが変わってくるような感じでした。

僕の場合は、今後スピーカーのない環境でも、今使っているスピーカーに近い聴こえ方をして欲しかったので、HPH-MT8を選んで良かったなと思っています。

値段は、HPH-MT8が25000円くらい、対してMDR-CD900STが18000円くらいと少し安いですね。まあ古い機種で、今は後継機も出ていますので。後継機という位置付けではないみたいです。

スペックはもちろん異なるところが多いのですが、今回は数値には出にくい環境面と用途から、両者を比べさせていただきました。

購入時のお役に立てましたら嬉しいです!!それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です