こちらでアルバムの販売もおこなっています

Spotifyの公式プレイリストに、曲を提出する方法

僕は海外の人に曲を聴いてもらう方法として「Spotify」を使っています。ここで配信してもらうためには、アグリゲータという仲介業者みたいなところを通さないとダメなのです。

実は今回はその話ではなく、めでたくSpotifyに曲が届いてから実際に配信されるまでに、自分で行うことができるプロモーション活動のお話です。

Spotifyでは曲が単に配信されるだけではほとんど再生数が増えません(運が良ければ別ですが)。

それではどうするかと言うと、そこそこ人気のある人(以下、キュレーター)が作ってくれたプレイリストに、頼み込んで入れてもらうことが必要です。

めんどくさいですよね?

ですからこの作業を肩代わりしてくれる「SubmitHub」というサービスがあります。安いけれど有料です。しかも自分でキュレーターを一覧の中から探せと。。。

しかし、どんなキュレーターが作ったよりも強力なプレイリストがあります。それが・・・

公式プレイリスト

です。公式だけあってさすがに影響力が違うようです!

今回は、ここに曲を申請するPitchという作業の説明です(前置き長くてスイマセン)。

Pitchの手順

曲をリリースの4週間くらい前に登録する

数日後「Spotify for Artists」のHome画面に、上のような記事が出てきます。「私たちのエディターに、曲をピッチしてください」と書いてあります。英語大丈夫そうです。

ただし、曲を登録するのに使ったアグリゲータは「Avid Play」です。もしかしたらアグリゲータによって、この記事が出てくるのに時間がかかることがあるかもしれません。特に無料でできるところなんか、とても遅い場合があります。

その場合、曲がSpotifyに到着してからリリースまでの期間がとても短くなることがあり、結局Pitchしてるような時間がなかった、ということにもなるかも知れません。

意外にここ大事かなと思っています。申請したらすぐにSpotifyに持って行ってくれるようなアグリゲータを選びましょう。早めの登録がキモです!!

Tunecoreのように「リリース日が指定できる」ところなんかは安心できそうです。

Pitchする曲を選ぶ

先ほどの記事をクリックすると、いよいよPitchページに進みます。

まずPitchする曲を1曲だけ選びます。僕みたいに、シングルで登録したら1曲しか出てきませんが、アルバムで登録した場合はたくさん出てきますので、ぜひ聴いてもらいたい1曲を選びましょう。

活動拠点を入力

「そのアーティストはどこ出身ですか?」というようなことです。

ここで注意するのは、国名を入力するのではないというところです。「Japan」ではダメなんですね。「Hometown」って書いてありますし。

市町村レベルの地名を入力すると選択肢が色々出てくるので、その中からチョイスしていきます。僕の場合は、ichinomiyaと入力したら、画面のような選択肢が出てきました。

その下の「This is also where the artist is currently based.(現在の活動拠点も同じ場所ですか?)」も現在の状況に合わせてチェックしてください。

曲のジャンル、使用楽器などを伝える

ここからが少し長くなりますが大切なところです。

この曲の持つ「特性・背景」みたいなのを入力していきます。カルチャーを選択する箇所に、宗教名が選択肢として挙げられているところなどは、日本人の感覚からすると「選びにくいな」と感じてしまうかも知れません。

まあそれもカルチャー(文化)ですので。ちなみに外国では「自分は無宗教だよ」というと相手に「???」と思われることもあるそうです。

曲紹介をする

いよいよ最難関の「英語での曲紹介そして自己紹介」です。

Optionalと書いてあるから入力しなくてもいいんですけど、ここは絶対頑張って書いてください。

軽く自己紹介してから「聴いてくれてありがとうございます。この曲は〜に触発されて作りました。」みたいな感じ。

英語の例文を紹介しているサイトもたくさんありますので、是非参考にしてみてください。ただし完全コピペはやめたほうがいいです。自分の曲への罪悪感も芽生えたりしますので。。。

例えばこんな感じです。

Dreaming is a beautiful song on nylon string classical guitar in the key of A major. Although rubato, the feel of the tune is expressive and emotional. Long sustaining notes alongside the melody give this song an uplifting mood.

(『Dreaming』はナイロン弦クラシックギターのAメジャー・キーの美しい曲です。ルバートでありつつ、表情豊かでエモーショナルです。長く続く音符とメロディが、気分を高揚させてくれます。)

引用:https://www.youtube.com/watch?v=wf79PZc-JIQ

申請後にこのような画面になったら、めでたく終了です。

絶対にPlaylistに掲載されるわけではありませんが、可能性はグッと高くなりますので、ぜひお試しください。

何かの参考になりましたら嬉しいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です